楽天カード 公共料金・税金等還元率を0.2%に改悪(2021年6月分〜)

楽天経済圏で生活をされている方で公共料金等を楽天カードで支払い1%還元を受けている方も多いのではないでしょうか。

しかし楽天カードで公共料金等を支払った時の楽天ポイントの還元率が2021年6月分から大幅に改悪されるため、知らずに払いを続けていると非常にもったいない状況になってしまいます。

目次

変更内容

<変更の対象となるご利用分>
・公共料金(電気、ガス、水道)
・税金(国税、都道府県税など)
・国民年金保険料
・Yahoo!公金支払い

<楽天ポイント進呈条件>
■変更前
100円ご利用につき1ポイント
■変更後
500円ご利用につき1ポイント
<適用開始日>
2021年6月1日
※楽天カードのご利用明細に記載のご利用日が6月1日以降のものが対象となります。

私も電気、ガス代を楽天カードで支払い毎月200〜300Pの還元をもらっていましたが6月分からはこれが5分の1の40〜60Pになってしまいます。

また今回100円につき0.2%ではなく500円につき1%なので仮に支払いが499円だった場合はポイントがつかないのでさらに還元率が下がる可能性があります。

今からでも決済方法の見直しをした方がいいでしょう。

おすすめの決済方法

Visa LINE Payクレジットカード

5月1日から還元率が3%から2%になってしまいますが、それでも高還元率のVisa LINE Payクレジットカードがおすすめです。ただし貯まるポイントは楽天ポイントではなくLINEポイントになってしまいますが。

LINEポイントも最近paypayボーナスに交換できるようになったので使いやすくなっています。私は貯まった LINEポイントをpaypayのボーナス運用につぎ込んで擬似投資運用を楽しんでいます。

※LINEポイントが付与されるかはHP等で個別に確認をして下さい。

楽天銀行デビットカード

高還元率カードもいいけどやっぱり楽天ポイントを貯めたいという方には楽天銀行が発行している楽天銀行デビットカードをおすすめします。

楽天カードとは違い支払い時に楽天銀行の口座から引き落とされるデビットカードですが楽天カードと同じく楽天ポイントを1%還元で受け取ることができます

楽天銀行デビットカードについては6月以降も還元率が変更になると公式から発表がないので1%還元が継続されると思われます。

楽天でんき

電気代については楽天でんきに契約することで200円につき1%+楽天カードの決済で100円につき1%の合計1.5%の還元を受けることができます。

さらに人によっては電気代が安くなるので電気代で楽天ポイントを貯めたい方は一度検討してみて下さい。

またガスについても楽天ガスと楽天でんき合わせて申し込むとさらにお得になるので対象エリアの方は是非検討してみて下さい。(私の自宅はエリア外でした)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット好きで商品やサービスレビューをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる