2枚目の楽天カードを発行するメリットと活用方法

2021年6月1日より2枚目の楽天カードを発行することができるようになりました。

厳密に言うと1枚目にVisaブランドを持っている人は以前から2枚目の発行ができましたが私のように1枚目にJCBやマスターカードを持っていた人も2枚目の楽天カードの発行が可能になりました。

以前TwitterでもつぶやきましたがVisaタッチがapplepayに対応し楽天カードの国際ブランドをJCBからVisaに変更を検討していたのですが変更するには一度楽天カードを解約して再発行するか楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードにアップグレードする必要があるため切り替えられずにいました。

そこで今回は1枚目にJCBブランドを持っている私から見た楽天カード2枚持ちのメリットと活用方法について紹介します。
(巷で噂の楽天カードマンが合法化された云々の話は割愛しています。個人的には感心が高いですが)

目次

複数の国際ブランドを持つことができる

選べる国際ブランド

・JCB
・AmericanExpress
・Visa
・Mastercard

店によっては使える国際ブランドが違うため楽天カードが使えない店では違うブランドのクレジットカードを使用する必要がありましたが複数の国際ブランドの楽天カードをもつことで楽天ポイントを無駄なく貯めることができるようになります。

またJCBとAmericanExpressブランドの楽天カードではコンタクトレス決済(タッチ決済)に対応していませんがVisaとMastercardの楽天カードは対応しています。特にiPhoneユーザー方はapplepayにVisaタッチが対応したのでVisaブランドがおすすめです。

最近、町の小規模店舗でpaypayを利用する機会が増えましたが、JCBブランドのクレジットカードはpaypayに登録することはできないためpaypay決済で楽天ポイントを貯めることができませんでした。
しかしVisa、Mastercardブランドの楽天カードはpaypayに登録することができるのでpaypay決済でも楽天ポイントを無駄なく貯めることができるようになります。

銀行口座を分けることができる

楽天カードが2枚あることで楽天ポイントを貯めながら口座を分けることができるようになります。
口座の変更方法は2枚目の楽天カードが届いた後に楽天カードe-naviから引き落とし口座の変更を行う必要があります。

私は現在、楽天カードの引き落とし口座を三菱UFJ銀行に登録していますが、楽天カードが2枚あれば1枚目を生活費・固定費の支払い用にもう1枚を楽天銀行に登録して楽天経済圏の出費用に使い分ける予定です。

券面を選べる

ブランド限定の券面のデザインを新たに選ぶことができます。
Visaブランドだと買い物パンダ柄、JCBだとミッキー柄などブランド毎にデザインが違うので券面のデザインでブランドを選ぶのも良いと思います。
女性向けの特典がある楽天pinkカードも選ぶことができるので女性の方にはおすすめです。

最後に

記事の最初にも触れましたが今までは国際ブランドを変えるためには一度楽天カードを解約する必要があったため私のようなどっぷり楽天経済圏に浸かってしまっていると楽天証券の積立NISAに登録をしてしまっているなど楽天カードを解約することによる弊害が多くありハードルが高い方法でした。

また楽天ゴールドカードへのアップグレードはSPU改悪などでメリットがほとんどなく、プレミアムカードについては空港のラウンジも使用することがないため年会費11,000円払ってまでアップグレードするメリットを感じません。

今回の2枚目発行が可能になったことは私個人としてはとても嬉しいニュースでApple PayでVisaタッチ決済ができるのを楽しみにしています。

Apple PayにVisaタッチを登録する方法と注意点を別記事で紹介しています。

将来的に電車もVisaタッチで乗れるようになればApple PayのVisaタッチとpapayだけで楽天ポイントを貯めながら完全キャッシュレスが達成できるのではと期待しています。

楽天カードを2枚持ちするデメリットは特にないので楽天ポイントの取りこぼしがないように2枚目を申請されてみてはどうでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット好きで商品やサービスレビューをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる