【Switch】Joy-Conドリフトの原因と対策6選【修理】

任天堂Switchはどうぶつの森やフォートナイトなどの人気ゲームが多く子供も大人も夢中になって遊べるすばしいゲーム機です。

しかしそんな楽しいゲーム体験に水を差すのがJoy-Conのドリフト問題です。

子供からキャラクターが勝手に動くとかカメラがグルグルと回ってしまうと言われて困った方も多いのではないでしょうか。

Switchの発売日から使用している我が家の実体験を踏まえてJoy-Conのドリフト対策をご紹介いたします。

目次

ドリフト問題とは?

主にJoy-Conのスティックを触っていないのにゲーム内のキャラクターが勝手に動いてしまったり、止まらなくなってしまったりといった症状です。

ゲームのコントローラーは元々消耗品という認識ですがPS4やXBOXのコントローラーと比べてもJoy-Conは明らかに壊れやすいです。

デジしろー

アメリカでは集団訴訟にまで発展しているよ。

ドリフトの原因は?

ドリフトの原因はJoy-Conのスティックが摩耗して発生したゴミがセンサーに影響していると言われています。

このゴミを取り除くことで症状が改善される可能性があります。

対策① 新しいJoy-Conを購入する。 

我が家でも最初にドリフトが発生した時は単純に壊れたと思い新しいものを購入しました。

しかし高い!セットで8000円以上します。

我が家では最終的に2セット購入しました。

ドリフト問題とは関係ありませんがプロコンとホリパットも購入したので本体と同じ金額をコントローラーに支払っています。

新しく購入する方法が1番ストレスなく症状が改善されるのでお金に余裕がある方はおすすめです。

デジしろー

新しく買ってもまたすぐ壊れる可能性も...

対策②  公式に修理を出す

新しいJoy-Conを購入してもしばらくすると壊れてしまうので次に行ったのが公式に修理に出すことでした。

実際に2個修理した時のメール

しかし安くはない!1個当たり2,200円です。

左右セットでは4,400円かかります。そして直りますがまたすぐに再発します。

我が家では合計4個修理に出しました。

修理は1週間程度でできましたが修理中は当然ゲームができなくなります。

しかも送料はこちら負担です。

デジしろー

Joy-Conだけならレターパックが安くておすすめ。
ただし壊れないように緩衝材も忘れずに。

対策③  0円で直す

我が家では新品の購入、修理に出すことで2万円以上出費を行い、ここで初めて自分で直す方法を調べることにしました。

1番簡単な方法は『デコピン』です!

ふざけていません。最初に説明したようにドリフト問題はスティックとセンサーの間にあるゴミが原因なので物理的にゴミを飛ばすイメージでスティックにデコピンを数回することで実際に症状が少し改善しました。

私はやっていませんがスティックの根元にあるゴムのカバーを持ち上げてエアーをかける方法でも改善する可能性もあります。

しかしこの方法では完全に直ることはなく症状が改善する程度でした。

デジしろー

デコピン方法はあくまで気休め程度の効果だよ。

対策④  1,000円以下で直す

次に紹介するのは接点復活剤(コンタクトスプレー)です。

接点復活剤とは電子部品の接点を復活させる洗浄剤です。コントローラーにスプレーすると壊れそうですが、実際に少し多めにかけてしまっても壊れることはありませんでした。

ネットでもホームセンターでも1000円以下で購入できます。

やり方は写真では少し見えづらいのですがスティックの根元にゴムのカバーがあるのでカバーを爪楊枝などでめくり隙間にスプレーでシュッシュッと2回程度かけるだけです

その後は馴染ませて効果があるのかはわかりませんが『デコピン』をしています。

この方法はデコピンだけよりも効果がありますが完全に直ることはありませんでした。

一時的に改善されるのでドリフトが再発するたびに行えば1番コスパがいいと思います。

デジしろー

片手で隙間を作ってスプレーするのが難しいから二人でやると楽だよ。

対策⑤ 2,000円以下で直す

アマゾンや楽天でJoy-Con修理と検索すると多くの修理キット2,000円以下で発売されています。

youtubeで修理動画を見ましたが私は手先が器用ではないのでとても自分では出来ないと思い実践していません。スティック自体を交換するので効果は大だと思います。

器用な方は試してみる価値は大きいと思います。

デジしろー

自分で修理すると壊れる可能性もあるから注意だよ。

対策⑥ 互換性のあるコントローラを購入する。

おすすめのSwitchと互換性のあるコントローラーは老舗のHORIが発売している『グリップコントローラー』です。

おすすめポイント

・任天堂ライセンス品(アップデートで使えなくなるリスクがない)
・純正品より安い 定価5258円
・グリップ感がプロコンに近い
・背面ボタンがある(フォートナイトでジャンプボタンを設定すれば...)
・連射ボタンがある
このコントローラーの1番気に入っているのポイントがグリップ感やボタンの押し心地がプロコンに近いところです。

値段も純正品より安くライセンス商品なので安心して購入できるのでおすすめです。

注意ポイント

  • ジャイロセンサーがない(スプラトゥーンには向いていない)
  • amiiboが使えない
  • 振動機能がない
  • ワイヤレス通信ができない
  • 横方向に長くなる
  • 子供の手には大きすぎるリスト
デジしろー

グリップコントローラーは気に入って使っているけど、大きさの問題と対応していないソフトがあるよ。

純正品と比較するとワイヤレス通信やジャイロセンサー、amiiboなどが使えないなど人によっては必須の機能がない場合があります。購入する前に必ず自分に合っているかを確認をしてみてください。

まとめ

お金に余裕があれば新品購入と公式に修理を出す方法が1番ストレスがなく子供からのクレームが少ないと思います。

私のおすすめは接点復活剤でJoy-Conの寿命を伸ばしつつ完全に壊れたら新品を購入する方法です。

大人の方でジャイロセンサーを使わない方はHORIのコントローラーもおすすめです。

実際に私はTVモードではプロコン、携帯モードではHORIを使用しているためJoy-Conのドリフト問題に悩むことはありません。

また公式で奨励されているコントローラーの補正やアップデートは効果が一切なかったので今回は紹介していません。

皆さんのゲームライフの向上の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット好きで商品やサービスレビューをしています。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる